10月3日に聖学院高等学校で、高校1年生を対象に 「カタリ場」の授業を開催します。

2012.9.03 事例紹介

聖学院高等学校(東京都北区、学校長=戸邉治朗)では、
進路指導プログラムの新しい取り組みとして、
弊団体による授業「カタリ場」を導入頂きました。

今回の「カタリ場」は、聖学院高等学校の1年生178名に対して、
2年次の進路選択の考えるきっかけづくりとして実施していきます。

人生で初めて大きな選択となる文理選択の前に体験する「カタリ場」が、
主体的に意思を持って将来を考えるための「きっかけ」になるよう、
カタリ場を実施していきます。

情報元:大学プレスセンター

◆聖学院中学高等学校(学校長:戸邉治朗 住所:北区中里3-12-1)
 1906年(明治39年)創立。中高一貫の男子教育。生徒数 高校570名 中学441名。

◆聖学院高等学校 1年生対象キャリア学習プログラム「カタリ場」
【日時】 2012年10月3日(水)13:10~15:00(5、6限)
【場所】 聖学院高等学校 体育館(東京都北区中里3-12-1)
【運営】 特定非営利活動法人NPOカタリバ

問い合わせ先:NPOカタリバ 広報・ファンドレイジング部
       TEL:03-5327-5667
E-mail : pr-fr@katariba.net

*添付画像は、カタリ場のイメージで、
 聖学院高等学校での実施風景ではございません。

最新の記事

カテゴリー

月次アーカイブ

約束カード

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

checking_12

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!