【募集】本の企画・編集・ライターをお願いできる方

2011.12.12 事例紹介

NPOカタリバでは、ある出版社様より
ご依頼をいただき、
「カタリ場」をテーマとした書籍を2012年に出版する予定です。

本を読んだ人が、“一歩を踏み出す”きっかけになるような、
まだカタリ場の授業を受けられない高校生にも“きっかけ”を届けられるような、
そんな本をつくりたいと考えています。

そこで、カタリバに共感し、
一緒にカタリ場を広めたいと思ってくださる方のなかから、
本の企画・編集・ライティングの仕事をしてくださる方を1名募集いたします。

フリーライターの方、記者や編集の経験のある学生の方、
文章を書くのが得意でまとまった時間がとれる方など、ぜひご応募ください。

■期間 ※変更あり。
・2012年1~3月頃を想定

■報酬
・ご経験に応じて相談させて頂きます。

■業務内容
・本の企画・編集・ライティング業務 (業務委託)

■条件
・カタリバの活動に共感いただいた方
・文章を書くのが得意な方(学生・社会人問わず)
・期間内に週10時間程度(大まかな目安)をとっていただける方
 (編集・ライティング作業に加えて、高円寺にある事務所で、
  週1日程度取材・打合せに参加いただきます)

■優先条件
・カタリ場(特にサンプリング)の経験者
・本のライター経験者(社会人・学生問わず)
・『「カタリバ」という授業』を読んだ方
▼まだ読んでいない方はコチラ
http://www.eijipress.co.jp/sp/katariba/

--------------------------------

日本にいる高校生は、約320万人。
そのなかで私たちがフォーカスするのは、特別な「エリート」でもなく、
「中退者」や「不登校者」でもない、8割の“普通”の高校生。

日本が、上位層だけが頑張る「二極化社会」にならないために。
「1人の100歩より、100人の1歩を!」を合言葉に、
すべての高校生にカタリ場を届けることを目指しています。

現在、北海道や関西など、
全国にもカタリ場が広がりつつありますが、
まだほんの一部の高校生です。

まだカタリ場が届けられていない高校生に、
カタリ場を届けるきっかけになる本になればと考えています。

本を読んだ人が、一歩を踏み出すきっかけになるような、
本を読んだ人が、一歩を踏み出すきっかけをつくる人になるような、

そんな本をつくりたいと考えています。

現在、どんな本をつくるのか、そこから検討しています。

カタリバに共感し、
一緒にカタリ場を広めてくださる方をお待ちしております。

--------------------------------

■採用までの流れ

<1>応募メールを送る

pr-fr@katariba.net宛に、下記の内容をメールください。

【件名】
「【応募】本の企画・編集・ライティング【●●】」(※●●はお名前)

【本文】
(1)お名前
(2)ご連絡先(電話番号)
(3)志望動機(カタリバを知ったきかっけ)簡潔に
(4)編集・ライティング経験(成果物が添付可能な方は合わせてお送りください)
(5)1週間以内に事務所にこれる日時(例:1日14:00~19:00、3日18:00~19:00など)
  ※場合によっては、ご希望に添えないこともございます。ご了承ください。

<2>カタリバ事務所@高円寺で面談をする

メールの情報をもとに、面談を設定させて頂きます。

成果物などをお持ち頂き、お互い一緒にお仕事ができるかどうかを
確認させて頂ければと思います。

応募者多数の場合、メールにて面談者を選考させて頂くこともございます。
1週間以内に連絡がなかった場合は、応募を締め切らせて頂いたとご理解頂ければ幸いです。

■応募期限
 採用が決まり次第締め切りますので、お早めにご応募ください。

■お問い合わせ先
 ご不明点や、ご質問は、広報部宛にご連絡ください。

pr-fr@katariba.net
03-5327-5667

最新の記事

カテゴリー

月次アーカイブ

約束カード

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

checking_12

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!