【メルマガ】「この人には、本音を話していいんだ」ある女子生徒が“自分”を語ってくれるまで

※9月20日に配信したメルマガを記載させていただきます

こんにちは、NPOカタリバの山内です。

三連休、明けましたね。
皆様、いかがお過ごしでしたか?

私は土曜、ビールを飲みに恵比寿へ。

サッポログループ様から、「恵比寿麦酒祭」でのビール売上などで、
被災地支援活動をご支援いただいたのです。
http://katariba.saistaging.net/k-news/8393.html

カタリバの東北復興への取り組み、これまでお伝えできて
いなかったので、これを機にご紹介しますね。

“被災地の夜間学校”コラボ・スクール/女川向学館
↓からどうぞご覧ください!
http://www.collabo-school.net/

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

さて今号でも、カタリバのキャリア学習の授業で

【高校生にどんな変化が起こっているのか?】

の事例をお伝えしていければと思います。

今回お話を伺ったのは、マナー講師として働きながら、
カタリバの授業にもボランティアとして
参加してくださっている加藤洋子さんです。
(※ご本人の希望により仮名)

 「私、このカード、財布に入れとこうっと」

授業の最後に、「将来に向けて、今日からできること」を
書き込んだ“約束カード”

そのカードをいつももっておこうと、
ある女子生徒が別れ際、照れながら言ってくれた。

それまでの90分間の過程を、話してもらいました。

> > > > > > >

 「仕事を考える」をテーマに行われた、今回の授業。

 夏を前に日差しも強くなってきた頃、
 体育館に集まった、県立高校の1年生300人近く。

 そのなかで、加藤さんが担当したのは、
 男女合わせて9名の班。

 男子はみんな茶髪、女子は金髪のコも交じり、
 そして、制服もくだけて着こなしている、
 とても“今ドキ”な生徒さんたちでした。

 初めに班のみんなに、興味のある仕事を聞いてみると、
 女の子4人のうち、3人がなんと「ショップ店員」

 理由を聞いてみると、「服が好きだから」
 「接客が楽しそうだから」「オシャレに興味があるから」
 とぼんやりした答えが返ってきました。
 

 「おしゃれに携わる仕事でも、服を売るだけじゃなくて、
  スタイリストやデザイン、流通、お店の経営など、
  いろいろな仕事があるのに!!」

 高校生が、普段買い物で話す店員さん。

 働いている大人に接する機会が多くないから、
 服といえばまっさきに、思い浮かんだのかもしれません。

 「高校生たちがもっているあらゆる可能性を、
  この90分間で広げてあげたい!」

 そう思った加藤さんが、特に話をした生徒さんが、
 ある金髪の女の子です。

 外見と雰囲気におされて、大学生のキャストもなかなか
 話しかけられなかったのか、初めはどの班にも
 加われていなかった彼女・・・

 「仕事なんて、考えたことない」と言い放つ彼女と
 まずは仲良くなろうとした加藤さんは、

 彼女が自己紹介で、「アルトリコーダーが得意」
 と話してくれたのを拾って、

 「えーー!すごいじゃん!!リコーダーって得意な曲は?」
 と大きくリアクションをとったところ、「ショパン」と
 ちょっとだけ得意そうな顔をしてくれました。

 「ショパン!?って難しいんじゃないの!?
  ひけるなんてすごくない!?」と、
 ややオーバーなほど認めてあげたところ、嬉しそうな顔に。

 彼女との信頼関係の1歩を踏めたようでした。

 少し仲良くなれたな、と思っていたところで彼女から質問が。
 「ようこさんって、仕事なにやってるの?」

 「マナーの先生だよ」と答えた何気ない一言が、
 彼女の興味に火をつけたようでした。

 「なにそれ!キャリアウーマンみたいで、まじかっこいい!」

 続きを聞いていくと、彼女は本当は“バリバリ働く”、
 キャリアウーマンに憧れていたとのこと。

 でも、「バリバリ働いている私」が何をしているのか?
 その職業はわからないし、具体的なイメージも湧かない。
 
 そんなマジメな話は、友達や先生にも言い出せなかったそうです。

―――――― ▼キャスト(ボランティア)の方へお知らせ ▼――――――

 9/14よりキャスト専用サイトがオープンしました!
 ご自身のマイページから開催企画を見たり、参加申し込みできます。

 
  cast.katariba.net
 
  cast.katariba.net/CastRegister

 ※ご質問は低引(そこびき)・藤沢まで cast@katariba.net

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「私だって、一緒だったよ!」

 私も高校生の頃は茶髪にもしたし、服装も今よりは
 派手だったし、それが今はマナーの先生だよ!
 大学なんて行く必要ないんじゃないか?って思っていたし・・

 そんな自分の体験を加藤さんが語りかけると、
 「なんだ一緒じゃん!」と思ってくれた様子。

 「この人には、本音を話していいんだ」
 「将来のこと、考えてみようかな」

 というモードになってくれたところで、

 「仕事」がテーマのその授業。ちょうど配られていたのが、
 さまざまな職業を高校生向けに解説した冊子です。

 その冊子から、「興味ある職業を5つ選んでみよう」
 という宿題を与えて、加藤さんは班の他のコと話を
 する番に移りました。

 しばらく時間がたって、彼女と話をする順番。

 ちゃんと5つの職業を探してくれてました!!

 彼女が出してくれたのは、「心理カウンセラー」や「学校の先生」
 「経営コンサル」のほか、「デザイナー」など。
 (※もう1つは、思い出せず・・・)

 「さっきまでショップ店員になりたいと言ってたのに
  いっぱいあるじゃん!」と声をかけると、
 「うん、まあ」と嬉しそうな顔でした。

 そうやって考えてくれた彼女の未来を、この授業だけに
 終わらせず、行動に移してもらうために、
 
 「じゃあ、5つの仕事をするにはどんな方法があるか?
  夏休み中にまずは調べてみない?」

 と提案すると、「わかった」と。

 彼女は、親からも「大学なんて行かなくていい」
 「お金がもったいない」と言われ、

 将来のことを希望をもって考える機会が
 ナカナカなかったようでした。

 いつか仕事を選ぶときに、彼女が出す答え。

 それが、「たとえ今回の授業で答えた5つの職業のなかに
 入ってなかったとしても全然いいんです」
 と加藤さんは話します。

 「彼女が、まずは自分に自信をもってくれて、
 いろんな未来があることを信じてくれれば、そして、
 次への一歩を踏み出してくれれば、今回は成功。」

 授業の終わりに、5つの仕事を調べるという“約束”を、
 カードに書いて渡してあげると、

 「私、これ財布に入れとこうっと」と
 ちょっと恥ずかしそうに言ってくれた彼女。

 「バイバイ」と名残惜しそうな目で挨拶してくれました。

> > > > > > >

いかがでしたか?

これを読んで、「今度は私が!」と思った大学生の方。

もしいらっしゃれば嬉しいです!

「先輩」の一人として高校を訪問するボランティア
(キャスト)を募集しているので、ぜひ以下からご応募を。
http://katariba.saistaging.net/casts

一方、「平日の授業には参加できない、社会人は?」
という質問もいただきます。
そんな方は… ↓をご覧ください!

【高校生のため、あなたにもできること】

 「将来への一歩を、なかなか踏み出せない…」
 日本中で待つ、“普通”の高校生のために。

 ビジネスパーソンのあなただからできる、
 「教育」への関わり方。

 月1,000円のご支援で、10人の高校生に
 “カタリ場”を届けられる、サポーター制度とは?

 http://katariba.saistaging.net/member/

<編集後記>

忙しさにかまけて、新聞にも目を通せてないうち(…)、
すっかり政権交代が起こってしまっておりました。

「新内閣のもとで、日本の教育行政はどこに向かうのか?」

気になりつつ、キャッチアップできていなかった
このテーマ。カタリバ大学からお届けします!

 
 「これからの文部科学省」 鈴木寛さん登壇!
 http://katariba.saistaging.net/k-univ

10月8日(土)18:30~@高円寺。
よろしければお越しになってください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】特定非営利活動法人 NPOカタリバ
http://katariba.saistaging.net/

【文責】 山内 悠太

 - サポーターとしてのご支援のお願い -

  あなたからの月1000円で、10人の高校生に
  カタリバの授業を届けられます。
  http://katariba.saistaging.net/member/

※本メールは、NPOカタリバのメルマガにご登録いただいた方、
 会員の皆様、職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしています。
 配信解除は、以下よりお願いいたします。

 https://ssl.formman.com/form/pc/hdm2tbzn9gUmuDVh/  (PC)
 https://ssl.formman.com/form/i/hdm2tbzn9gUmuDVh/ (携帯)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

カテゴリー

月次アーカイブ

約束カード

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

checking_12

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!