ご寄付

高校生の声

カタリ場を受けたことをきっかけに、将来に向かって歩みを始めた高校生(当時)の
感想を紹介しています。

村上 慧さん

「自分を変えるキッカケをもらった」

村上 慧さん

「将来」「未来」といった言葉を聞くと、とても遠く、広く、不確かなもののように感じる高校生は少なくないと思います。私はそう感じていました。夢はあるけれど、どう叶えたらいいのか分からない。自分に果たして出来るのだろうか。やりたいことをやるって、凄く凄く難しい。漠然とした将来への不安を抱える中、高校二年生の夏、私はカタリ場に出会いました。苦悩しながら「誰か」の為に企画を作り上げ、自分と仲間と向き合う大学生のその姿を見たとき、私は何とも戦わない自分に気づかされました。それと同時に、自分を変えるキッカケを貰ったように思います。カタリ場は自分を育てるキッカケ、それをくれる仲間に出会える場所です。でも、そのキッカケを具体的な形や力に出来るのはいつだって自分だけです。そして私はカタリ場に貰ったキッカケを無駄にせず、そう遠くない未来で「誰か」の為に頑張れる自分になりたい。と、思っています。

木村 早霧さん

「大学に入ったら、
 私も高校生をサポートしたい」

木村 早霧さん

カタリ場を受ける前の私はただぼんやりと『大学では英語関係の勉強をしたいなぁ』と考えているだけでした。高校2年の6月、カタリ場が学校で開催されました。『大学生と話す機会はなかなかないし、進路決まらないし、相談してみよう。』と思い大学生に色々と話を聞いていくうちに、今まで自分が進路を漠然と考え過ぎていたことに気がつきました。『目指すものを明確にしてすぐに勉強を始めなきゃ!』と思い直すことが出来たのです。受験は甘くないということや頑張りが夢を叶えるということをたくさん教えてもらうことが出来て本当に感謝しています。ラスト1年、全力で頑張りたいと思います。カタリ場は私と同じように進路で悩んでいる全国の中高生にとって心強いサポートになると思います。もっとたくさんの生徒にカタリ場と、大学生と、出会って欲しいです。私も大学へ入学したその時はカタリバの一員としてたくさんの生徒と出会い、サポートしてあげたいと思います。

新居 日南恵さん

「可能性を信じて、本気で挑戦できる場」

新居 日南恵さん

私はカタリ場に参加した際に受けた衝撃と憧れが大きな成長と変化のきかっけになった高校生の一人です。高校生である自分の「可能性」を信じ、自分の「本心」に従って挑戦できる場。そして、その一歩踏み出した高校生を長期的に応援する「仲間」がいる場がカタリバカフェです。目の前にあるチャンスをつかんでください。その場に行くための、大切な一歩を踏み出す勇気を惜しまないでください。二歩目を一緒に歩く仲間が待っています。

約束カード

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

checking_12

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!