はじめての方

ストーリーで見る

カタリ場は、高校生とキャスト(ボランティア・スタッフ)との対話による
コミュニケーションが中心のプログラムです。そんなプログラムの中では毎回、
目には見えない小さなキッカケがたくさん生まれています。ここではキャストと高校生のやりとりや、
高校生の「その後」を追った、3つのストーリーをご紹介します。

「憧れを見つけたことでがんばれた」母校の後輩たちに伝えた想い

katariba_about_sozai_1218_03

二子石 龍さん

横浜こども専門学校
カタリ場を受けた時期:高校2年生

「高校2年生まではダンスやバイトばっかりだったけど、カタリバが来てくれて、進路のことを考えることができたから、いま充実した学校生活を送れているんだ。」高校生の頃にカタリ場を受けた二子石くんが、母校でのカタリ場にキャストとして参加し、後輩たちに伝えた事を聞きました。

▶ 詳しく見る

カタリ場の先輩に認めてもらえたことで、踏み出せた一歩

natsumi

石崎 なつみさん

産業能率大学
カタリ場を受けた時期:高校1、2、3年生

高校時代なんとなく考えていた「保育士になる」という目標に、どこか疑問を抱いていた石崎さん。そんなある日学校で行われたカタリ場で、”本当の夢”を見つけます。今では大学でその夢に向かって勉強中の彼女に、カタリ場での出会いと、当時の自分について語ってもらいました。

▶ 詳しく見る

キャストとの約束が生んだ「予選通過!」高校生からの嬉しい報告

admin-ajax

吉野 貴也さん

明治学院大学

2011年からキャストとして活動する吉野さん。以前カタリ場で話した高校生から、ある日、嬉しい報告がありました。ダンス部で頑張っていた彼女が、大会で予選に通過したというものでした。カタリ場で出会った日から、それまでの道のりについて、語ってもらいました。

▶ 詳しく見る

約束カード

【寄付募集中】高校生に「カタリ場」を届けるための費用が不足しています

生徒の将来のために「カタリ場」を導入したくても予算の問題で断念する学校も。1,000円で1人の生徒に授業を届けられます。高校生の未来を支えるため、応援のほどお願いいたします!

checking_12

【学生の方へ】高校で出張授業を行う教育ボランティア募集中!

高校生と将来について考える授業「カタリ場」を届ける仲間を募集中です。教育現場で新しいチャレンジをしたい方、お待ちしています!